「嘘の戦争 第5話」あらすじ・ネタバレ

簡単なあらすじ

1) 一ノ瀬浩一(草彅剛)は、30年前に起きたOL殺しの主犯で、今は大手銀行に勤める九島亨(平岳大)を次の復讐のターゲットに決める。九島には、五十川芙美(真飛聖)という不倫相手がおり、彼女から九島の弱みを引き出そうとしていた。

2) 浩一は、パイロット、そして十倉ハルカ(水原希子)はキャビンアテンダントを装って近づく。その後、浩一は「美術品を預かって欲しい」と言い、フライトで海外にいる間、知人にその美術品を渡すよう依頼する。

3) 九島に、百田ユウジ(マギー)は、厚労省の麻薬取締官を装って九島に近づき、九島が浩一から預かったバッグをあらためる。その中からドラッグが発見された、と百田は言う。九島はその場から逃げ出し、そんな彼のもとにハルカがやってきて「私も騙された。あの男に運び屋をやらされていたの。一緒に海外に逃げて」と言う。

4) 九島は、不正融資や企業から融資への見返りとして現金を得ており、その裏金を持ってハルカと逃げようとする。だが、自分への裏切りを知った芙美は、銀行などに九島の悪行を告発し、九島は業務上横領で逮捕される。また、九島の証言から、二科晃(安田顕)もまた、30年前の事件に関わっていることが判明し、浩一は晃にも復讐を果たそうと考える。

ここがポイント

浩一は、30年前のOL殺人に関わった人物、そしてその事件を隠蔽するため、浩一の家族を殺害し、さらには「一家心中」として終わらせた関係者たちに対し、次々に復讐を果たしていく。

そんな中、九島亨(平岳大)に「二科晃(安田顕)も事件当日、見張りをやっていた。興三(市村正親)は、わが子が事件に関わっていたから、血眼になって事件を隠蔽した」と聞かされ、晃にも復讐を果たそうと浩一は決意するのだった。

詳細なあらすじ

一ノ瀬浩一(草彅剛)は、30年前に起きたOL殺しの主犯で、今は大手銀行に勤める九島亨(平岳大)に対し、復讐を遂げようと考えていた。九島の父親が頼み、二科興三(市村正親)は浩一の家族を殺害したのだった。

九島の「相手の立場によって態度を変える」という性質を利用し、浩一はパイロットと装って近づく。一方、十倉ハルカ(水原希子)は九島の不倫相手・五十川芙美(真飛聖)に近づく。

芙美は、「九島さんの奥さんは、上司の娘。別れられないの」と言う。そして、彼女は九島の弱みを握っており、ハルカはその弱みを聞き出そうとする。浩一は、九島に仕事、家族、不倫相手すら失わせて、地獄へと落とそうとする。

ニ科隆(藤木直人)は、バー800にやってくる。「千葉陽一を知っているか?」と訊ねるが、浩一はとぼける。だが、隆は「父は、30年前の事件を探る者を消そうとしている。それを私は止めようとしているんだ」と言う。

ハルカは、九島に投資を依頼する話をする。「今夜空いてる?」とハルカは誘い、九島はすぐに誘いに乗る。

二科楓(山本美月)は、浩一に「父に紹介するって話だけど…父にはここ何年もまともに話もしてないの」と言う。「会社のため」と何でも切り捨てる父親を、楓は許せなかったのだった。

浩一は、九島に「昨日、ハルカと会ったそうですね」と言う。「実は、折り入って話が。美術品を預かっていただけないでしょうか」と、骨董品らしき器を預ける。

浩一のオフィスに、盗聴器が仕掛けられていた。浩一は、二科の手下が動いていると睨む。一方、興三は”六車”を呼び、全てに蹴りをつけようとしていた。

楓は、興三に「会って欲しい人がいるの。紹介したいの、家族になるかもしれない人だから」と話をする。父もまた、楓と話をしたいと思っており、親子2人の時間を過ごす。

九島とハルカが、仲睦まじ気に会っているのを芙美は目撃する。そこに現れた浩一は落ち込んだ振りをする。九島は、「どうせ遊びよ。私を捨てたら、銀行を辞めざるを得ない」とタカをくくっていたが、浩一は「銀行をやめて、ハルカと一からやり直したいと言っていた」と言う。

二科晃(安田顕)は、浩一が楓に父親と話をするように言ってくれた、と感謝する。

百田ユウジ(マギー)は、厚労省の麻薬取締官を装って九島に近づく。九島の預かっていたケースからドラッグが出た、と百田は言う。九島は逃げ出し、浩一は「あのクスリ、時価1億だぞ。カネで償うか?それとも、死ぬか?」と追い込む。

ハルカは、「運び屋をやらされていた」と九島に泣きつく。「国外に一緒に逃げて」と言われて、九島は応じる。その様子を見ていた芙美は激怒し、九島が「妻のエステサロンに多額の不正融資を行ったり、融資の代わりにマージンを得ている」と告発する。

浩一は、「30年前に、あんたらがOLを殺した。その罪を隠すため、俺の家族が死んだ。知ってたか?」と九島に言う。だが、九島は「恨むなら、二科晃を恨めよ。女が死んだとき、アイツは見張りをしてたんだ。だから、アイツの親父は必死だったんだ」と明かす。

浩一は業務上横領で逮捕される。さらに、狩猟用の銃を持っていたため、公務執行妨害および銃刀法違反でも逮捕された。

浩一は、「罪を犯した人間には、それ相応の償いをしてもらわなきゃな…二科晃だ」とハルカに言う。

隆は、興三の誕生パーティーに、ハルミがいたことに気づき、さらには、浩一の狙いが金銭目的ではなく、復讐であるという結論に至る。そんな中、浩一は、楓との婚約のため、隆や興三らの挨拶しにやってくる。

フジテレビオンデマンドならすぐに放送済みエピソードが観られます。

次話:「嘘の戦争 第6話」あらすじ・ネタバレ

前話:「嘘の戦争 第4話」あらすじ・ネタバレ



嘘の戦争

本日の人気記事

人気記事
  • 「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第5話」あらすじ・ネタバレ 227件のビュー
  • 映画「ブラック・ウォーター」あらすじ・ネタバレ・基となった実話の事件 201件のビュー
  • 「雪山」(世にも奇妙な物語 映画の特別編 第205話)あらすじ・ネタバレ・結末 149件のビュー
  • 「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第8話」あらすじ・ネタバレ 110件のビュー
  • 「午前2時のチャイム(世にも奇妙な物語)」あらすじ・ネタバレ 105件のビュー