「嘘の戦争 第3話」あらすじ・ネタバレ

簡単なあらすじ

1) 一ノ瀬浩一(草彅剛)は、30年前に事件を担当した刑事の三輪郁夫(六平直政)を次のターゲットにする。三輪は、浩一の家族が殺害されたことを知っていながら、「無理心中」と結論づけ、浩一に「お父さんがやった」と証言するよう強制した人物だった。

2) 三輪は、浩一が仕掛けた時限爆弾を人気のない場所に運んだことにより、一躍正義のヒーローとなり、ニュース番組に取り上げられることとなった。浩一は、「持ち上げた後、悪事を暴いて三輪を地獄へ突き落とす」ということを計画していた。

3) 三輪には、沙織という1歳で亡くなった娘がいた。沙織は先天性の心疾患があり、三輪は二科興三(市村正親)に「心移植をさせてやる」と言われ、浩一にウソの証言を強要したのだった。浩一は、自分にも沙織という娘がいる、とウソをついて近づき、三輪に盗撮犯の汚名を着せる。

4) 三輪は、盗撮の汚名を晴らそうと躍起になるが、追い詰められた結果、自分を追い回す週刊誌記者に暴力をふるってしまう。三輪は自分が浩一によって罠にかけられたと気づくのだが、30年前の自分の罪のことを思い出し、隆(藤木直人)に追及される浩一を庇うのだった。

詳細なあらすじ

一ノ瀬浩一(草彅剛)は、30年前に家族を皆殺しにした実行犯・五十嵐久司(甲本雅裕)、偽証の見返りに二科家の顧問弁護士にまで上り詰めた六反田健次(飯田基祐)を破滅に追いやり、復讐を遂げる。

一方、二科楓(山本美月)や晃(安田顕)との距離を縮め、事件の黒幕である興三(市村正親)に少しずつ近づいていった。

浩一は、30年前に事件を担当した刑事の三輪郁夫(六平直政)をターゲットにする。三輪は、浩一の家族が殺害されたことを知っていながら、無理心中と結論づけ、浩一に「お父さんがやった」と証言するよう強制した人物だった。

三輪は、公園で時限爆弾を発見する。彼は、その爆弾を人気のない場所へと自ら運び、負傷者は出なかった。その様子は、動画に撮られてネット上にアップされ、三輪は一躍ヒーローとなる。

その爆弾は、浩一が用意したものだった。浩一は、「ヒーロー」として、持ち上げられた三輪の不正を暴き、奈落へと叩き落とすつもりであった。

三輪には、沙織という1歳で亡くなった娘がいた。浩一は、三輪の前で、十倉ハルカ(水原希子)と口論する。三輪は止めに入る。「沙織」という娘のことを巡って口論していたことを知り、三輪は浩一のことを放っておけなくなり、話を聞く。一緒に飲みに行った浩一は、仲間に携帯電話を盗ませる。

携帯電話は、新聞社に送られていた。中には、少年たちの着替えを盗撮していた画像が入っており、三輪は盗撮魔と一斉にマスコミに叩かれる。さらには、「爆弾騒ぎは自作自演なのでは」とまで言われる。

浩一は、三輪に味方する振りをして近づく。「逮捕した犯人に、逆恨みされたのでは」と言い、浩一は三輪とともに犯人を探す、と言う。そんな中、隆(藤木直人)が三輪の家にやってくる。浩一は、隆に見つかるのでは、と恐れていたが、三輪は「もう二度と、仁科家には関わりたくない」と言って追い返す。

楓は、晃に浩一のことを相談する。すると、晃は楓と浩一の食事の席にやってくる。そこで浩一は、「楓さんのことが好きなんです。刺されて、目を覚ました時に楓さんのことを見て、好きだと思った。今はまだよく知らないけど、一生をかけて楓さんのことを知りたい。結婚したいと思っています」と言い、晃は浩一と楓のことを認めるのだった。

三輪は、空手教室に所属していた少年たちの保護者からも、同僚たちからも白い目で見られていた。だが、浩一だけは味方だった。浩一は、三輪とともに、逮捕して出所したストーカーの家を見張る。浩一は、三輪に眠らせず、判断力を奪おうと考えていた。

判断力を奪われた三輪は、週刊誌記者に暴行してしまう。その現場を撮られてしまうのだった。荒れる三輪を心配する妻に、「2~3日、1人で休ませてあげてはどうでしょうか」と言い、実家に帰らせる。

三輪は、「私も昔、罪を犯したことがある」と告白する。「捜査上のことだ。ある捜査を妨害し、事実を隠蔽した。その報いなのかもな…」とつぶやく。

浩一は、さらに、三輪がエスカレーターで盗撮したように見せかける。警備員は、「ウソはいけないよ、アンタ」と言われる。浩一を探す三輪は、ついにウソをつくよう強要した少年が浩一であると気づくのだった。

三輪は、警備員や警察官に追われ、逃亡する。その後、追い詰められた三輪は、自殺を試みようとする。だが、それを隆が止める。隆は、30年前の事件関係者が狙われている、と言い、「この男が近づいてきませんでしたか?」と言い、浩一の写真を見せて訊ねる。

隆は、浩一や楓を呼び出し、「君が現れてから、次々に不可解なことが起きている」と言う。さらに、そこには三輪が現れる。だが、三輪は「この人には会ったこともない」と言う。

三輪は、「この事態は、私が引き起こしたんだ…報いだよ。私の娘は、心臓に病気があり、心臓移植しか治療法はなかった。だが、ある人が心臓移植をアメリカで受けさせてくれると言った。そのため、事件を隠蔽したんだ。だから、これは私の報いなんだ…本当に申し訳なかった」と謝罪する。

浩一は、「誤解が解けてよかった…俺、ウソつきって言われるのが一番イヤだから」と言う。隆は、「これで済むと思うな」と言う。

楓は、「もう、兄なんかと縁を切りたい」と言う。だが、そんな楓に浩一は「縁を切るなんて、簡単に言うな!」と叱る。

隆は、入院する五十嵐のもとを訪れ、浩一の写真を見せて「この男のことが知りたい」と言う。

フジテレビオンデマンド[PR]ならすぐに放送済みエピソードが観られます。

次話:「嘘の戦争 第4話」あらすじ・ネタバレ

前話:「嘘の戦争 第2話」あらすじ・ネタバレ



嘘の戦争

本日の人気記事

人気記事