サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

「下町ロケット2 第8回」あらすじ・ネタバレ

      2015/11/01

2015年10月25日 朝日新聞紙上で掲載。

帝国重工の宇宙航空部の調達グループ・石坂宗典は、富山啓治とともに、サヤマ製作所の工場を視察していた。

石坂は、佃製作所に肩入れする帝国重工・財前道生とは異なり、サヤマ製作所にロケットエンジンのバルブシステムを、サヤマ製作所に共同開発をすることを提案した。帝国重工は元々、自社開発を進めていたが、佃製作所に先を越され、特許申請ができなかったという過去があった。

帝国重工は、佃製作所からバルブシステムを仕入れることになっていたが、石坂は入札制にして、サヤマ製作所と手を組むことを画策していたのだった。石坂や富山らは、自社製品でロケット部品は用意すべきと考えており、キーテクノロジーの開発を”町工場”に先んじられてしまっていることで、プライドが傷つけられたようだ。

サヤマ製作所の椎名直之社長は、NASAの研究者出身であり、先進的な工場施設を所有していた。そのサヤマ製作所に、石坂は「現行製品も含め、共同開発をする」と提案し、椎名社長を説得したのだった。

下町ロケット2 ガウディ計画 [ 池井戸潤 ]

価格:1,620円
(2015/10/21 21:00時点)
感想(0件)

【関連記事】
次話:「下町ロケット2 第9回」あらすじ・ネタバレ

前話:「下町ロケット2 第7回」あらすじ・ネタバレ

下町ロケット [ 池井戸潤 ]

前作:「下町ロケット」あらすじ・ネタバレ

 - 下町ロケット