サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

映画「ハッピー・デス・デイ」あらすじ・ネタバレ・結末

   

簡単なあらすじ

1) 誕生日である「8月18日」に、大学生のテレサ”ツリー”ゲルブマンは、同じ寮にいるカーター・デイヴィスの部屋で、誕生日用の着信メロディーにより目を覚ます。彼女はパーティー会場に向かう途中、大学のマスコットのお面をつけた人物にトンネル内で殺害されてしまう。

2) だが彼女は再び目を覚まし、「8月18日」を何度となく繰り返すのだった。彼女は殺されまいと行動に気を付けるのだが、同様の犯人に何度も殺害されてしまう。そのループの中で、彼女は連続殺人犯のジョゼフ・トゥームズが入院先の病院から脱走していることを知る。

3) ツリーは、トゥームズが自分を殺害する犯人であると考え、なんとかお面をつけた犯人を倒すのだが、カーターが殺害されてしまったため、自ら首を吊って再び18日の朝に戻る。その中で犯人の襲撃をかわすのだが、彼女はルームメイト・ロリからもらったカップケーキをを食べて死亡してしまう。

4) ロリは、ツリーが教授と不倫関係にあることに嫉妬していたのだった。ツリーはロリの襲撃を回避し、ついに被害を受けず19日を迎える。朝、誕生日用の着信メロディーが流れたため、また18日を繰り返すはめになるのかと思いきや、それはツリーから話を聞いて事情を知っていた、カーターのイタズラであった。2人は笑い合い、キスをする。

詳細なあらすじ

8月18日、大学生のテレサ”ツリー”ゲルブマンは、同じ寮にいるカーター・デイヴィスの部屋で、誕生日用の着信メロディーで目を覚ます。その日は、ツリーの誕生日だったが、二日酔いで体調が悪かった。そんな彼女は、つい父親とのレストランでの食事をすっぽかしてしまう。

ツリーは、ルームメイトのロリが作ってくれたカップケーキを捨て、不倫関係にあるグレゴリー・バトラー教授と寝た。その後、パーティー会場に向かう途中、大学のマスコットのお面をつけた人物にトンネル内で殺害されてしまう。

ツリーは再び、カーターの部屋で目を覚ます。彼女は、前と同じ8月18日に、誕生日用の着信メロディーで目を覚ましたのだった。ツリーは、同じ失敗をしないように、穏やかに過ごそうと試みる。さらには、パーティー会場に向かう途中にあるトンネルを迂回するのだった。だが、ツリーがクラスメイトのニックといると、同じく大学のマスコットのお面をつけた人物によって2人は殺害されてしまう。

8月18日を再び繰り返すツリーは、自室から出ないことを選択する。だが、再び浴室にいたマスコットのお面をつけた人物に殺害されてしまう。ツリーはカーターに相談すると、冗談であると思われてしまうのだが、彼は「繰り返している中で、誰が犯人なのか分かるんじゃないかな」とアドバイスする。

ツリーは、容疑者である1人1人を注意深く見るようにするのだが、それでも犯人は誰なのか分からなかった。そんな中、彼女が再び8月18日に目を覚ますと、カーターの部屋で倒れてしまう。病院に運ばれた彼女は、犯人から殺されまいと病院から抜け出す。途中、警察官に助けを求めようとするのだが、犯人は警官を追い払い、車に火をつけて彼女を殺害する。

ツリーは状況をなんとか打開すべく、カーターに必死で話をした。ツリーは3年前に母親を亡くし、さらには父親と離れて暮らしているため、同じ誕生日を一緒にカーターと過ごしていた。

そんな中、連続殺人犯のジョゼフ・トゥームズが大学の附属病院に運ばれたとのニュースがテレビから流れ、ツリーはトゥームズこそが犯人だと考える。

犯人は、ツリーを殺害しようとするのだが、カーターが彼女を助ける。カーターは犯人に殺害されるが、ツリーはバールで犯人を撲殺し、「これで終わった」とほっと胸をなでおろす。だが、それではカーターが死んだままになってしまうため、ツリーは自ら首を吊るのだった。

ツリーは、不倫関係にあるグレゴリー・バトラー教授との関係を終わらせ、さらには父親と会い、友人たちに親切にする。さらに、トゥームズの凶行を止める準備をする。トゥームズがキャンパスの停電を利用したことを逆手にとり、トゥームズを倒すのだった。ツリーは安心して部屋に戻り、ロリがくれたカップケーキを食べる。

だが翌朝、彼女は再び8月18日に目を覚ました。トゥームズを倒したにも関わらず、タイムループが止められなかったことに、ツリーは混乱する。だがそこで、ロリがカップケーキに毒を盛っていると気付くのだった。ロリは病院で働いていたため、トゥームズを逃がすことができた。ツリーは、ロリの机にあったマスクを見つけ、犯人はロリであると確定する。

ロリは、バトラー教授に気に入られているツリーに嫉妬していたのだった。ツリーは、ロリの口にカップケーキを放り込み、窓の外に蹴りだしてロリは死亡する。

ツリーとカーターは、レストランで一緒に過ごし、そこでカーターは、彼女の状況を「映画『恋はデジャ・ブ』のようだね」などと言うが、その映画をツリーは知らなかった。

ツリーは翌朝、誕生日用の着信メロディーで目を覚まし、「またループに入ってしまったのか」と思うのだが、それはカーターの悪ふざけであり、ツリーは19日を迎えていた。2人は笑い合い、キスをするのだった。

 - 洋画