サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

映画「沈黙の聖戦」あらすじ・ネタバレ・結末

   

あらすじ:ネタバレなし部分まで

元CIAエージェントのジェイク・ホッパー(スティーヴン・セガール)は、民間のセキュリティ会社を立ち上げ、成功していた。

10年前、彼はCIA時代にタイで犯罪者との戦いの中で女性を誤って死に至らしめてしまい、そのことがきっかけで相棒のスンティ(バイロン・マン)が退職していた。一方、ジェイクも妻の死をきっかけに退職してアメリカに戻り、一方、スンティは僧侶になって贖罪の日々を送っていた。

その後、ジェイクの娘ジェシカ(サラ・マルクル・レイン)は、友人のサラ(エリド・マックイーン)とともにタイ旅行をしていた。サラの父親はジョン・ウィンソープ上院議員であり、「アブ・カラフ」という名で知られるイスラム原理主義者グループはサラを誘拐し、一緒にいたジェシカもさらわれてしまう。

犯人グループ「アブ・カラフ」は、アメリカで拘束されていた20人の囚人解放を要求していた。ジェイクは、娘を救出するため、タイで活動するCIAエージェントであるレオン・ワシントン(パトリック・ロビンソン)とともに動き出す。レオンにより、ジェイクはタイの有力者であるジャンタパン将軍(トム・ウー)に引き合わせてもらう。

CIAは、タイの軍隊の力を借り、アブ・カラフらの制圧を計画していた。ジェイクは元相棒のスンティに助けを求める一方、アブの情報を得るため、武器商人のフィッチ・マクウェイド(ヴィンセント・リオッタ)の恋人であるルル(モニカ・ロー)に近づく。

手がかりをたどる中、ジェイクは、サラとジェシカを誘拐したのはアブ・カラフではないと考え始めるのだった…

あらすじ:ネタバレあり、結末まで

アブ・カラフのリーダーであるモンコル(ポンパット・ワチラバンジョン)に会い、ジャンタパン将軍(トム・ウー)こそが今回の誘拐事件の黒幕であると判明する。ジャンタパン将軍は、テロ対策や武器・麻薬市場への厳しい対策に取り組んでおり、そんな中、アブ・カラフを犯行グループに仕立て上げ、自らの権力を確かなものにしようとしていると判明するのだった。

モンコルは、サラとジェシカの居場所を教え、ジェイクとスンティは救助へと向かう。彼女たちはジャンタパン将軍の邸宅に囚われていた。汚職警官たちとの激しい銃撃戦を繰り広げ、ジェイクはジャンタパン将軍と闘う。

ジャンタパン将軍を倒した後、ジェイクはサラとジェシカ救助に成功するのだった。だが、スンティは警官との銃撃戦で重傷を負っており、そのまま亡くなってしまうのだった。スンティの葬儀が執り行われた後、ジェイクは彼の遺灰を川へと流す。ジェイクは川へ向かい、「じゃあな、兄弟」とつぶやくのだった。

 - 洋画