サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

映画「クソ野郎と美しき世界」あらすじ・ネタバレ・結末

   

EPISODE.01「ピアニストを撃つな!」

フジコ(馬場ふみか)は、ピアニストのゴロー(稲垣吾郎)がウサギを撫でる指に惚れ、「私に会いたくなったら、この花火を打ち上げて」と、打ち上げ花火を渡す。ゴローもまた、フジコのことを忘れようとしても忘れられず、ついに打ち上げ花火に火をつける。

その花火のメッセージを見たフジコは、ゴローのもとへと走る。だが、ヤクザのマッドドッグこと大門(浅野忠信)にフジコは心底惚れられており、大門やその手下はフジコを追いかける。

フジコは、やっとの思いで大門を撒いてゴローの元へと辿り着く。ところが、大門はイヌの1,000倍の嗅覚をもっており、フジコの居場所が分かるのだった。大門は、ゴローを捕らえ、フジコの目の前でジョー(満島真之介)に命じ、ゴローの指をハンマーで砕かせようとするのだった…

EPISODE.02「慎吾ちゃんと歌喰いの巻」

街中で「お腹空いた」とつぶやく少女がいた。彼女は歌喰い(中島セナ)であり、歌手の歌おうとする歌を食べていた。彼女にヒット曲『また会う日まで』を食べられてしまい、尾野崎紀世彦(古舘寛治)は自殺寸前まで追い詰められていた。

一方、慎吾ちゃんは、街中の壁に絵を描き、たびたび警察官に注意を受けていた。そんな彼は、「絵は家で描き、街中では歌を歌えばいいじゃない」と警察官に言われていたこともあり、SMAPのヒット曲を歌おうとするのだが、歌えなかった。彼の前には、歌喰いがいて、慎吾ちゃんの歌を食べてしまっていたのだった。

歌喰いは食べすぎてしまい、腹痛を訴えてその場で倒れてしまう。仕方なく慎吾ちゃんは歌喰いを家に連れて帰る。すると、歌喰いはトイレで排泄をするのだが、その排泄物は真っ青で耳を近づけると音のようなものが鳴っていた。

慎吾ちゃんは、歌喰いの排泄物を尾野崎に食べさせる。すると、尾野崎は歌を取り戻すことに成功する。

慎吾ちゃんは、歌喰いを一晩泊めて、自分の歌が排泄物として出てくるのを待つことにする。歌喰いは、慎吾ちゃんが歌う子守唄を聴きながら眠りにつくのだった。だが翌朝、慎吾ちゃんが目を覚ますと、自分の絵が全て消えていた。

歌喰いは「慎吾ちゃんの絵からは、歌が聞こえてくる」と話しており、絵を食べてしまったのだった。トイレを覗くと、色とりどりの排泄物がそこにはあった。

EPISODE.03「光へ、航る」

ヤクザ者のオサム(草彅剛)は、裕子(尾野真千子)と一緒に美人局で客からカネを奪っていた。そんな2人には、交通事故で脳死状態と一人息子「航(わたる)」がいた。だが、医師のススメもあり、回復の見込みもないことから生命維持装置は外され、彼の右手は別の人へと移植されることとなった。

裕子は、移植を受けた子供を探すことにした。そんな彼女に、文句を言いつつもオサムは同行していた。その旅に同行するため、オサムは組を抜けるため、左手の小指を詰めていた。

裕子は「子供と母親は子宮で繋がっている」と主張し、北に移植を受けた子供がいると言い張っていた。ところが、右手の移植を受けた少女が誘拐されたとのニュースが流れ、その少女は沖縄にいることが判明する。

裕子とオサムは沖縄へと向い、そこで誘拐された少女を探し始める。オサムは、裕子の持っていた航の野球ボールを借り、「人間の1,000倍の嗅覚」を持つ大門に依頼し、航の右手を探してもらう。

オサムは誘拐犯を取り押さえる。誘拐犯は、航の右手を移植した少女に一目惚れをしており、「結婚してください」とプロポーズしていたのだった。オサムは誘拐犯を暴行し、左手の小指を切断し、「指、借ります」とメモを残して立ち去る。その後、誘拐犯は逮捕されるのだった。

裕子は、航の右手に再会することができて喜ぶ。そして別れ際、航の右手でボールを投げて見事オサムの額にヒットさせた少女は、「(航の)パパみたいに人を救える人になるね」と言うのだった。

EPISODE.04「新しい詩(うた)」

エピソード1~3の後日談のようなものがダンスフロア「KUSO UNIVERSE」で展開される。ゴローがピアノを弾けてジョーは驚くのだが、そこで大門は、ジョーが砕いたのは自分の手であることを明かす。ジョーは人の痛みに必要以上に共感してしまい、暴行する際に目をつぶってしまうくせがあったのだった。

慎吾ちゃんは、歌喰いの排泄物をベーグルにして食べたことにより、歌うことができるようになっていた。

オサムは、航の手を持つ少女を救出できたことを、大門に感謝する。そして、彼の左手小指には、誘拐犯の小指が移植されていた。バーテンダーとして真面目に働いている誘拐犯の姿を見て、オサムは「そろそろこの指、返してやろうかな」とつぶやくのだった。

ラストは、転がった航の野球ボールを追うオサム、歌っていてボールを踏んでしまった慎吾ちゃん、ピアノのイスから立ち上がったゴローの3人が鉢合わせして終わる。

 - 邦画