サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

ドラマ「怪盗山猫 第3話」あらすじ・ネタバレ

      2016/02/06

山猫(亀梨和也)は、ユウキテンメイに裏切られ、死線をさまよった。そのため、山猫はユウキを探し、関本修吾(佐々木蔵之介)刑事と出会った。それから時を経て、山猫と関本は一緒に行動とともにする。彼らの目指す先には、ユウキがいた。

そんなある日、バー・ストレイキャットに訪れた貿易会社を営む滝川(浅利陽介)から、行方不明になった恋人・杏里(中村静香)を捜して欲しいと依頼される。杏里について調査を行っていると、彼女は高級秘密クラブに勤務するコールガールであると判明する。

杏里を追う中、秘密クラブの従業員であった達郎(加藤諒)に出会う。杏里のことを本名のセシリアと呼ぶ達郎もまた、杏里を探すために山猫と行動をともにする。

杏里から、山猫の元に連絡が来る。杏里は、滝川がマフィアと繋がっており、マネーロンダリングを行っていると明かす。そのカネを奪うため、山猫に「手を組まないか?」と誘ったのだった。

山猫は、滝川を杏里に引き合わせる。滝川は、杏里が敵対マフィアのスパイであり、マネーロンダリングの証拠となるキーを手に入れようとしていたと分かり、キーを取り返す。

滝川が杏里を殺害しようとしていたところ、山猫が「10億円はいただいた」と室内のスピーカーで流す。慌てた滝川が、部下に命じてカネのありかを確認させるが、それは山猫のトラップだった。カネの位置を把握し、10億円を山猫は奪う。

催眠ガスで滝川らは眠らせる予定だったが、高杉真央(広瀬すず)が換気扇を止め忘れて滝川は山猫のもとへやってきて、カネの入った樽を奪い返す。だが、滝川の前に関本刑事が現れ、マネーロンダリングの証拠を突きつけて、滝川を逮捕する。樽の中身は酒であり、10億円は既に山猫が奪って逃げ去っていた。

杏里が山猫と話をしていると、杏里の命が狙われていた。そんな杏里を助けるため、達郎は自らの命を投げ出し、杏里を庇う。杏里は、自分のことを慕う達郎の死を悲しみ、涙するのだった。

怪盗探偵山猫 [ 神永学 ]

価格:596円
(2016/2/1 20:40時点)
感想(16件)


次話:ドラマ「怪盗山猫 第4話」あらすじ・ネタバレ

前話:ドラマ「怪盗山猫 第2話」あらすじ・ネタバレ

 - 怪盗山猫