相棒 season17 第6話 「ブラックパールの女」あらすじ・ネタバレ

真珠養殖詐欺で、被害者の男性を騙しては殺害していた遠峰小夜子(西田尚美)死刑囚が、雑誌の内容が事実無根だと名誉毀損で提訴した。訴えられた出版元の弁護士・連城が、杉下に助けを求める。

遠峰は和解にも応じず、優秀な刑事に事実確認を求めたのだという。そこで連城弁護士は、杉下に依頼を行ったのだという。

遠峰に話を聴くと、彼女は雑誌の内容について、掲載された国の土地ではなく、実際はシンガポールであると指摘する。その内容を証明できる人物がおり、その人はバイオラボで研究を行う谷岡博士であるという。だが、その谷岡は浴室で亡くなっており、自然死として処理されていた。

遠峰は谷岡のことについて、「シンガポールでブラックパールのネックレスを買っていた。誰にプレゼントされていたのかしらね」などと思わせぶりな言動を繰り返す。

杉下は、冠城とともに調査を開始する。妻はもちろん、不倫を疑った秘書にもブラックパールのネックレスは渡ってはおらず、杉下たちは調査を続ける。

そんな中、バイオ研究を行う研究者は薄給であり、海外へと優秀な人材が流れている現状を知る。そして、シンガポールの研究室で、人事担当の女性がブラックパールのネックレスをしている写真がホームページに掲載されていることに杉下は気づく。

谷岡は、シンガポールの研究室に渡ることを考えていた。ところがかなりの激戦であり、人事担当者に谷岡は賄賂を渡したのだった。

だが、谷岡が高価なネックレスを誰かのために買っていることをレシートで知った谷岡の妻は不倫を疑い、「そんな高価なもの、私も買ってもらったことがない」と激怒した。

谷岡の妻は浴室の天井にドライアイスを忍ばせ、夫を二酸化炭素中毒で意識障害の状態に陥らせ、溺死させた。

杉下は谷岡の妻にその推理を突きつけ、自供させるのだった。

遠峰は、シンガポールへ行く飛行機で谷岡の姿を見かけていた。彼女は一度見た顔は忘れないという特殊な能力があった。だからこそ、何人もの中年男性を手玉に取ることができたのだった。その彼女は、谷岡の死を雑誌で知り、事件の真相に気づいたのだった。

杉下は、なぜ遠回しな方法で警察に伝えたのか、と疑問を口にすると、遠峰は「なんで大嫌いな警察に答えを教えてやらなきゃならないの」と言うのだった。

杉下は、遠峰に近づくのは危険だと、冠城に近づかないように、と忠告する。

関連記事

相棒 season17 第7話「うさぎとかめ」 あらすじ・ネタバレ・結末

相棒 season17 第5話 「計算違いな男」あらすじ・ネタバレ



相棒

本日の人気記事

人気記事
  • 「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第5話」あらすじ・ネタバレ 227件のビュー
  • 映画「ブラック・ウォーター」あらすじ・ネタバレ・基となった実話の事件 201件のビュー
  • 「雪山」(世にも奇妙な物語 映画の特別編 第205話)あらすじ・ネタバレ・結末 149件のビュー
  • 「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第8話」あらすじ・ネタバレ 110件のビュー
  • 「午前2時のチャイム(世にも奇妙な物語)」あらすじ・ネタバレ 105件のビュー