ドラマ「下町ロケット ヤタガラス 第7話」あらすじ・ネタバレ・結末

無人トラクターの開発プロジェクトは、帝国重工・財前道生が企画し、進めていたものだったが、的場が責任者に成り代わり、成果を我が物としようとしていた。的場は、佃製作所のトランスミッション外注ではなく、内製化しようと考え、財前に「佃は切れ」と命じる。

財前は、的場と佃製作所の間で板挟みとなりつつ、佃航平に「トランスミッションの話は白紙となった」と言い、謝罪する。さらには、北海道農業大学の野木博文教授のプロジェクト参加継続を説得して欲しい、と財前は願い出る。

佃もさすがに虫の良すぎる帝国重工の願い出を断るものの、日本の農業の未来を慮り、野木の説得を行うのだった。

佃は、エンジン・トランスミッションの大口受注を受けられそうになったのだが、その話をダイダロス、ギアゴーストに奪われる。それにより、「実力の差」を見せつけられたのだった。

結果、佃は負けを認め、トランスミッション開発継続、そして野木とともに無人トラクター開発を行う方針を打ち出す。野木はその申し出を快諾するも、帝国重工の担当者が財前から奥沢部長に変わってしまい、野木は不信感を募らせる。

ついには、佃製作所を「下請け」と軽んじる態度に野木は激昂し、「話の通じないあんたではダメだ。窓口は財前さんにしてくれ」と言い、奥沢との交渉は拒絶する。

そんな中、帝国重工の無人トラクター「アルファ1」発表が行われる。そのタイミングは、的場の次期社長の決定打となる時期に合わせられたのだが、その一方、ダイダロスやギアゴースト、キーエンスらがタッグを組んだ無人トラクター「ダーウィン」がテレビ番組で発表され、マスコミの注目は一気にダーウィンへと集まるのだった。

帝国重工の発表が潰された形となり、的場は悔しさを滲ませるのだった。ダーウィンの発表を見て、島津裕はギアゴースト伊丹社長が関与していることに気づく。

関連記事

ドラマ「下町ロケット ヤタガラス 第6話」あらすじ・ネタバレ・結末

池井戸潤「下町ロケット 1・ヤタガラス・ガウディ計画・ゴースト・ヤタガラス」までのあらすじまとめ

池井戸潤「下町ロケット ゴースト」あらすじ・ネタバレ・結末

池井戸潤「下町ロケット ヤタガラス」あらすじ・ネタバレ・結末



下町ロケット

本日の人気記事

人気記事