サクっとあらすじ

映画・ドラマ・小説のあらすじを簡潔にまとめて紹介します。

ドラマ「下町ロケット 第9話」あらすじ・ネタバレ

      2015/12/20

簡単なあらすじ

1) アジア医科大・貴船恒広(世良公則)の人工心臓「コアハート」の臨床試験が開始された。だが、1人目の患者人工心臓手術を受けた小西(児島功一)は、術後に容態が急変。貴船教授は、研修医の指導を怠った巻田真介(横田栄司)准教授に責任を押し付けた上で、臨床試験を再開させる。

2) 高知に飛ばされると知った巻田准教授は、コアハートの破損による誤動作の可能性を考え、リージャーナリスト・咲間倫子(高島彩)にコアハートの設計図を渡す。その設計図をもとに、咲間は取材を開始する。

3) 佃製作所は、小児用の人工弁・ガウディの試作品開発を成功。佃航平(阿部寛)は、審査員・滝川信ニ(篠井英介)の貴船教授との癒着を暴き、PMDAの面談でも一歩前進させることができた。

4) 佃は、サヤマ製作所・椎名直之(小泉孝太郎)社長と直接対峙し、中里淳(高橋光臣)が佃製作所から設計図や実験データを盗みだしたのだと指摘。サヤマ製作所やコアハートについても、全てを調べつくしてやると宣戦布告する。

起:コアハート臨床試験

アジア医科大・貴船恒広(世良公則)の人工心臓「コアハート」の臨床試験が開始された。だが、1人目の患者人工心臓手術を受けた小西(児島功一)は、術後に容態が急変し、死亡する。

貴船は、「重篤な心不全状態であったことや、研修医の対応に問題があり、コアハート自体には問題はなかった」と結論付け、研修医の指導を怠った巻田真介(横田栄司)准教授に責任を押し付けた上で、臨床試験を再開させる。だが、患者の家族は外部委員を設置し、調査をするよう言い出していた。

佃製作所は、燃焼試験の結果で勝りながらも、サヤマ製作所に人工心臓に続き、ロケットエンジンのバルブ供給までも横取りされてしまう。結果、佃製作所は、「”ロケット品質”と言えないでしょ」取引先から50%もの取引縮小の連絡が相次いでしまう。その取引縮小の背景には、サヤマ製作所が売り込みをかけていたことがあり、取引を奪い去っていた。

財前道生(吉川晃司)は、藤間秀樹(杉良太郎)社長らに直談判を行ったが、むべもなく断られ、失脚の憂き目に遭っていた。

技術開発部長・山崎光彦(安田顕)は、治験患者が死亡したこともあり、コアハートに問題があったのではないか疑っていた。サヤマ製作所・横田信生(バカリズム)もまた、自分がどうやっても上手くいかなかったにも関わらず、すんなりと開発部マネージャー・月島尚人(福田転球)が日本クラインに納品していたことで、製品に問題があるのではないかと疑う。

承:巻田准教授の謀反

巻田准教授は、コアハートがアラームを鳴らしていたことを日本クライン・藤堂保(滝川英治)に問いただしていた。

巻田が謀反を起こすのではないかと疑い、貴船教授は巻田准教授を高知に医療センターに部長待遇で異動させようとする。巻田准教授は、その仕打ちに激怒し、フリージャーナリスト・咲間倫子(高島彩)に連絡をとる。

佃は、フリージャーナリスト・咲間倫子(高島彩)に、コアハートについて取材を受ける。咲間は、設計図を見せた上で、欠陥についての意見を求める。だが、経理部長・殿村直弘(立川談春)は、「医療訴訟に巻き込まれでもしたら、ガウディ計画に支障が出る」と、取材を拒否するように佃に言う。

だが、佃は咲間が自身も夫を医療過誤で亡くし、そのため、同じような思いをしている人々を救いたいと考えているのだという話を聞き、取材に応じる。設計図を見た結果、データも同一であり、中里淳(高橋光臣)が佃製作所から設計図や実験データを盗みだしたのだと判明する。佃は激昂し、神谷修一(恵俊彰)に設計図盗用について相談する。

設計図が流出したことで、日本クラインの藤堂らや貴船教授は巻田准教授が流出させたのだと疑う。サヤマ製作所・椎名直之(小泉孝太郎)は、巻田准教授に”アメ”を与えて黙ってもらった方が良いと進言し、貴船教授は高知行きを撤回する。「君もこれ以上は…分かるね」と言い、巻田准教授は取材協力をそれ以上行うことはなかった。

転:ガウディ経過の行方

小児用の国産心臓人工弁を開発・製作するガウディ計画をすすめる中、やはり大きな壁はPMDA(医薬品医療機器総合機構;医療機器・医薬品などの品質や安全性の審査業務を行う公的機関)だった。

PMDAの専門員・滝川信ニ(篠井英介)は明らかに佃製作所を敵視しており、帝国重工の後ろ盾が得られなかったこともあり、人工弁耐久試験での結果がPMDA事前面接の鍵を握っていた。試験結果は、基準目標を超え、ついに試作品の完成のめどが立った。

一方、北陸医科大・一村隼人(今田耕司)教授は、「医師同士の仲が悪いとか、そんなことは患者には関係ない」と悟り、貴船教授に開発協力を頼み込む。だが、貴船教授は「無様だな」と無碍に断る。

一村教授は佃に、貴船教授に協力を断られたことを告げると、佃は「良かった。私は、一村先生や桜田さんの夢に共感してガウディ計画に参加したんです。そこに貴船教授は関係ありません」と言う。

そこで、一村教授は佃に「次のPMDA面談、キャンセルしませんか」と提案する。だが、佃は一村教授に、基準目標を超えた実験データを見せ、「開発しているヤツらのためにも、キャンセルはできません」と言う。

同席していた咲間は、一村教授と貴船教授の関係がPMDAの事前面談に響いており、試作品が基準を超えたとしても、認可されないのだと伝えられる。

結:椎名社長との全面対決

PMDAの第3回目の面談を迎え、桜田章(石倉三郎)は、娘の墓参りをしていた。佃も、娘のお守りを持参して面談に臨む。

一村教授は、格段に改善された人工弁の試作品の説明を行おうとするが、滝川は「後ろ盾となる大会社は見つかったんですか?」と言い、話を聞こうともしない。

「今までも人工弁の心臓弁の治療は行われてきた。ガウディとかいう人工弁は無用なのではないですか」と滝川は言う。だが、そこで立花洋介(竹内涼真)は立ち上がる。「今も、人工弁が合わずに苦しんでいる子供がいる。そんな子供たちのために、ガウディは必要なんです。会社の大小なんかではなく、人工弁自体で評価して欲しい」と訴える。

なおも邪魔立てする滝川に、佃は咲間から渡された滝川と貴船教授が会食する写真を見せる。「あなたは、貴船教授に頼まれ、ガウディ計画を潰そうとしていたのではないですか」と暴露する。

山野辺敏(大鷹明良)審査員長は、滝川に「あなたはPMDAの恥だ!」と言い、滝川は審査員から外されることになった。

山崎は、サヤマ製作所が納品しているバルブが本当に完成したのか疑っており、データの改ざんを行っていたのではないかと考えていた。そこで、咲間は佃に提案し、本丸であるサヤマ製作所・椎名社長に咲間とともに話をする。

佃は椎名に、「サヤマ製作所が卸しているバルブと同じものが、ウチにある」と言い、さらには中里が持ちだしたのではないかと指摘。また、さらに山崎は「あのバルブを完成させるのは至難の業だ。本当は完成してないんじゃないか?」と言う。

椎名は豹変し、「なんでもかんでも医療過誤にする。そんなだから、日本の医療は周回遅れになっているんだ」と反論。さらに、咲間を「夫の死をネタに本を売っている」と侮辱する。

「これ以上、邪魔立てするのなら、法的手段に訴えてやる」と言う椎名に、佃は「お前がどんなことをやってきたのか、どんな技術者なのか、調べ尽くしてやる」と宣戦布告する。

下町ロケット2 ガウディ計画 [ 池井戸潤 ]

価格:1,620円
(2015/11/22 22:04時点)
感想(9件)


U-NEXTで見逃した回も観ることができます。

【関連記事】
次話:ドラマ「下町ロケット 第10話」(最終回)あらすじ・ネタバレ

前話:ドラマ「下町ロケット 第8話」あらすじ・ネタバレ

原作:池井戸潤「下町ロケット」あらすじ・ネタバレ

原作:池井戸潤「下町ロケット2 ガウディ計画」あらすじ・ネタバレ

 - 下町ロケット